0

<毎月いくら返済できるのか?>


カードローンを利用してお金を借りる場合、借りたお金を返済できなくなってしまう、という状況は避けなければなりません。

誰でもカードローンの申込みのときに「返済できるのか?」を気にします。

お金を借りて失敗しないためには、自分が毎月いくら返済できるのか、ということについて確認しておく必要があります。

たとえば、毎月1万円までなら返済できる、というのであれば、概ね30万円まで借りることができます。

30万円を大幅に超えてしまうと毎月の支払い額を増やさなければならなくなったり、返済期間が大幅に伸びてしまうことになります。

また、毎月2万円ずつ返済できるという人は、50万円~60万円が1つの目安になるでしょう。

毎月の返済可能な金額から借入れ可能な金額を算出するには、プロミスやアコムなどの返済シミュレーションを活用するのが一番です。

自分が毎月いくら返済することができ、その場合にいくらまで借りられるのか、という点について確認しておく必要があります。

0

おまとめローンの有効活用


お金を借りる手段として、キャッシングは手軽な手段の一つです。
しかし、複数の会社からキャッシングをすると各会社へ最低金額だけ返済していても毎回の返済額が多くなり、だんだんと返済していくのが大変になります。
そこで活用できるのが、おまとめローンです。
複数の会社からの借入れを、一つの会社でまとめてしまえば月々の返済金額を減らす事ができます。
返済に回すお金が減れば、当然ですが自分のために使えるお金が増えます。また、返済金額を多くすればその分借金完済までの期間が短くなります。
おまとめローンを利用すると月々の手間が省けるのも大きな利点となります。
複数の会社へ返済をする事になると、月に何回も返済手続きをしなければなりません。
最近ではコンビニATMでの返済ができますが、それでも複数の会社へ返済手続きをするのは相当な手間になります。これが一つの会社への手続きで済むのも返済をする側には便利な事です。
自分の借金の総額を把握し完済するためには、おまとめローンは有効な手段といえます。

0

消費者金融を利用する時は


“消費者金融と聞くと余り良いイメージを持たない人のほうが多数だと言える。しかし、生きていく上では自給自足の生活をしない限りお金が必要になる。
どうしても今日中にお金が必要だ!という経験は誰にでもあるのではないだろうか。
このような状態になったときの選択肢として思いつくのは、親や友人に借りる又は消費者金融に借りる、給料を前借りするなどだろう。
しかし、頼る相手がいない人や給料の前借りできない人には消費者金融に頼る他ない。
では消費者金融で借りるメリットは何か。
それは審査が通れば直ぐに借りれるし、自動契約機も多いので来店不要でいつでもお金を手にすることができるところだろう。
金利が高いのは気になるとこだが、すぐに返済できる額を借りるのであれば問題はないだろう。
注意しておきたいことは手軽さゆえの無計画にならず、返済できる額を借りること。しっかりと計画性をもって借りれば多重債務に悩むこともない。賢く利用するなら消費者金融も悪くないだろう。”

0

30日・180日間無利息サービスが大人気!


レイクでは、初めての借り入れの場合、30日間無利息で利用することができます。
また、初めての場合は、借入額のうち、5万円までを180日間無利息で借入することができます。
無利息ローンはどちらか1つを利用することができますので、自分の借り入れに合わせて選ぶと、お得に利用することができるでしょう。
このようにレイクでは初めて借り入れする人には嬉しい特典がついていますので、急な出費などの時には便利に使うことができます。
申し込みもwebなら特に早く利用することができますので、おすすめです。

明日即日で借りれるカードローンを!

0

消費者金融系ローン会社の特徴について


消費者金融系ローン会社とは、銀行のローンとは異なり、貸金業法の規制のもとで営業をしている会社です。

貸金業法は、貸金業者の健全な経営活動を促すための法律です。

この法律があることにより、消費者金融系ローン会社には、

(1)総量規制が適用される
(2)収入証明書の提出要件がある

という特徴があります。
■消費者金融系ローン会社の総量規制について

消費者金融系ローン会社には、総量規制が適用されますので、原則として、

年収の3分の1を超える融資ができない

という制約があります。

たとえば、ローンの申込みをする人の年収が150万円あるなら、消費者金融系ローン会社の融資合計額は、「50万円」までに制約されます。

この50万円という金額は、ローン会社1社ごとの基準ではなく、各社の融資額の合計が50万円まで、という点に注意するようにしてください。
■消費者金融系ローン会社の収入証明書の提出要件について

消費者金融系ローン会社の収入証明書の提出要件については、貸金業法の規定により、

(1)50万円を超える融資をするとき
(2)他社の融資額との合計額が100万円を超えるとき

の2つのときに、必ず収入証明書で返済能力の調査をしなければならないことになっています。

そのため、50万円を超える融資を希望するようなときは、源泉徴収票や所得証明書などを事前に用意しておく必要があります。
■消費者金融系ローン会社は審査が早い!

このように書くと、消費者金融系ローン会社にメリットがないように思うかもしれません。

しかし、プロミスをはじめとする消費者金融系ローン会社のほとんどは、非常にスピーディに審査がおわります。

たとえば、プロミスなら「最短30分」で審査結果が分かりますので、当日中の融資にも強いことが分かります。

ただし、24時間いつでも審査が行われているわけではなく、営業時間がありますので、できるだけ早めに審査を受けるようにしないといけません。